子どもコミュニケーション学科

時代が求める教育者・保育者育成に向けて

少子化、子どもの体力低下、いじめや虐待問題など、子どもを取り巻く環境は年々変化しています。教育・保育の現場では指導者の資質向上が叫ばれ、保護者からの要望も後を断ちません。こうした中、子どもコミュニケーション学科では、子どもが好きであることはいうまでもなく、時代背景や社会状況を踏まえて的確に行動できる教育者・保育者を育成します。子どもの理解や、保護者や地域との協力に必要な知識や技術を幅広く身につけます。

本学科の目的・方針

「現代コミュニケーション学部子どもコミュニケーション学科」は、高い専門性と実践力を備えた教育者・保育者を養成する学科です。子どもコミュニケーション学科では、幼児教育・保育の分野と初等教育の分野である「子ども教育」を中心に、その他関連諸領域についても専門的に学び、子どもはもちろん、保護者や子育てにかかわる地域の人々との円滑なコミュニケーションのできる教育者・保育者を育成することを目的としています。

また、浜松学院大学の基本理念や現代コミュニケーション学部の目的を受けて、子どもコミュニケーション学科は、専門的実務能力「能く生きる」とともに共生協調能力「善く生きる」に基づいて、高い専門性と実践力を兼ね備え、コミュニケーション能力のある小学校教諭・幼稚園教諭・保育士を養成することを目的としています。さらに、子どもとのコミュニケーションのみならず、親や地域社会とも上手くコミュニケーションがとれる人材の養成を、専門的実務能力「能く生きる」とともに共生協調能力「善く生きる」に基づいて目指しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

  1. 1.大学での学修に相応しい基礎学力を有し、教育や保育に強い関心を持つ者
  2. 2.教育・保育の抱える諸課題の解決及び発展に寄与することに使命を感ずる者
  3. 3.コミュニケーション能力の向上に意欲を持ち、教育・保育に関して創造性豊かで行動力のある者

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

  1. 1.「教育・保育実践」を通して豊かな人間性を涵養するとともに、責任ある自己実現力を修得する。
  2. 2.教育・保育に関する幅広い教養と専門的知識、技能に習熟し、それらを活用して課題を解決していく判断力・創造力・実践力を修得する。
  3. 3.子どもにかかわる協同的な活動をするなかで、多様なコミュニケーション能力を高め、リーダーシップを発揮する力を修得する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方針)

  1. 1.高潔な倫理観に立って、慈愛をもって子どもとかかわることができる豊かな人間性を身につける。
  2. 2.変革する教育・保育、子ども社会に対応できる幅広い教養と実践力を活用して、課題解決できる力を身につける。
  3. 3.教育・保育現場における「実践練磨」の場に生きる共生協調能力を身につける。

2つの専攻

子どもコミュニケーション学科には、より専門性の高い教育を実現するために2つの専攻が配置されます。