園の紹介

園長挨拶

付属幼稚園は、幼児教育の根幹を常に見すえています!

まず、第一に 「一人ひとりを大切に」が、教育の基本です。
次に、「一人ひとりを確実に伸ばす」が、第二の基本です。
では、なんのために「一人ひとりに寄りそうの?」
それは、生きる力の基礎を創るためです。
生きる力の基礎とは、基本的な生活習慣、道徳、創造力などで、幼児期に最も身につけるべきことです。
これらを、汗びっしょりになりながら生き生きと学び合う遊びを通して、子どもたちの中に育てていきます。
育っていく子どもたちを日々見届けること、それは教員のおおきな楽しみです。
是非、付属の教育を、また子どもたちを見にいらして下さい。

園長 金子容子

沿革

1973 昭和48年4月
浜松短期大学幼児教育科の実習園として開設。園名を「浜松短期大学付属住吉幼稚園」とする。
1977 昭和52年4月
敷地変更、新園舎開設と同時に「浜松短期大学付属幼稚園」と改名。
1984 昭和59年3月
園舎増築(保育室、観察室、プレイルーム、屋上遊園)と図書館、会議室、砂場の改修を行う。
2000 平成12年8月
園舎耐震補強環境整備を行う。
2004 平成16年4月
園名を「浜松学院大学付属幼稚園」と名称変更。
2012 平成24年9月9日
園舎昇降口および職員室の改築部分 完成。
2013 平成25年1月31日
会議室および子育て支援室(プレイルーム)の増築部分 完成。

沿革イメージ