園の紹介

園長挨拶

子どもの目線と信頼関係を基本に。

1973年に短期大学付属の幼稚園として開園された付属幼稚園は、この地、浜松住吉で40年以上幼児教育を実践してまいりました。浜松の中心部にありながら、自然にも恵まれた場所です。その中で、脈々と受け継がれた伝統を守りつつ、子どもたちを取り巻く様々な新しい環境を考慮しながら教育・保育にあたってきました。こうして続けてくることができたのも、付属幼稚園の卒園・在園の子どもたち、そして保護者の皆様、そして、付属幼稚園にかかわるすべての方々のお陰、と感謝しております。

2017年4月より、新しく園長に就任いたしました。これまでと同様、子どもたちの目線で一緒に遊ぶことを第一にしたいと考えながら、これまで以上に、子どもたちと大事な時期を共にする教師としての責任を感じております。

教育・保育は信頼関係の上に成り立ちます。子どもと教師、保護者(家庭)と園との信頼関係作りを根底に、子どもが安心して安全に過ごすことのできる時間・空間作りをしていきます。子どもにかかわるすべての人たちが幸せな時間を過ごせるように力を注いで参ります。

園長近影

園長山崎亜佐美

教頭挨拶

人間形成の土台を作り上げる 大切な幼児期
その第一歩を一緒に歩み始めてみませんか?

私たちは、「愛情」という心の栄養をたっぷり注ぎながら、子どもの豊かな心の土壌を丁寧に耕しているところです。
そうしているといつのまにか、子どもたちから小さな育ちの芽がぽつりぽつりと顔を出し、その子なりのペースでゆっくりゆっくりその芽が伸びていくのです。
そしていつの日かあなたらしい花を咲かせてほしい...。そんな思いで子どもたちと向き合いながら保育をしています。
幼児教育とは結果がすぐに表れるものではありません。むしろ大切なことは目に見えないものですね。
そして、子育てというものは手間ひま労力がかかるもの。時には大人も子どもも迷い悩むことがあるでしょう。
けれども、そんな子育ての苦労や喜びを共に分かち合い、園と家庭が互いに育ちあっていける場所がこの付属幼稚園でありたいと願っています。
お子さんのあるがままの姿を受けとめながら、私たちと一緒に育ちの芽を見つけていきましょう。

教頭山梨明子

沿革

1973 昭和48年4月
浜松短期大学幼児教育科の実習園として開設。園名を「浜松短期大学付属住吉幼稚園」とする。
1977 昭和52年4月
敷地変更、新園舎開設と同時に「浜松短期大学付属幼稚園」と改名。
1984 昭和59年3月
園舎増築(保育室、観察室、プレイルーム、屋上遊園)と図書館、会議室、砂場の改修を行う。
2000 平成12年8月
園舎耐震補強環境整備を行う。
2004 平成16年4月
園名を「浜松学院大学付属幼稚園」と名称変更。
2012 平成24年9月9日
園舎昇降口および職員室の改築部分 完成。
2013 平成25年1月31日
会議室および子育て支援室(プレイルーム)の増築部分 完成。

沿革イメージ