園の紹介

環境方針

エコアクション21

興誠学園は、平成20年8月22日に環境省が策定したガイドラインに基づく「エコアクション21」の認証・登録を受けました。
「エコアクション21」の導入により、これまでの環境配慮への取組を総合化、体系化し、Plan‐Do‐Check‐Actionによる学園の環境経営システムを構築します。
また、教職員、学生、生徒等の連携のもと、日常活動において省資源・省エネルギー、廃棄物削減への取組を本格化するとともに、教育においては、発達段階に応じた環境教育の充実に取り組みます。

● 基本方針

学校法人興誠学園は、「誠を興し、誠に行動し、誠を普くする」の建学の精神に則り、本学園の全教育研究活動を通じて、地球環境との調和と持続可能な循環型社会の構築に向け、誠の心をもって行動します。

● 行動指針

≪1≫ 環境教育の推進
環境マインドを持った青少年を育成するため、本学園の各教育機関は、幼児・生徒・学生の各発達段階に応じた環境教育に積極的に取り組みます。
≪2≫ 環境負荷の低減
本学園の教育研究活動に伴う環境負荷を低減するため、本学園の教職員、学生・生徒等を挙げて、各資源、省エネルギー、廃棄物の抑制、再資源化に取り組みます。
≪3≫ 法令の遵守
環境関連の法令を遵守するとともに、環境汚染の予防と自然環境の保全を図ります。
≪4≫ 環境活動の公開
本学園の環境活動、環境関連情報を公開し、活動の一層の充実、改善を図ります。

フクロウは「学芸と知性をつかさどる鳥(ギリシャ神話)」「先見の明を持つ賢い鳥(イソップ物語)」として世界中で親しまれたシンボルです。
フクロウが右手に持つ緑茂る枝は身近な自然を、左に抱える地球は私たちが護り共存し未来に伝えるかけがえのないものを表します。
フクロウの後ろに広がる三重の輪は広がる波紋です。教職員、学生、生徒らの日常活動においての省エネ、省資源の活動が、自然と共生する社会作りに向けて広く浸透していくことを願います。